モトアザブ退屈日記

日々のモノ・コト・忘備録。クルマ、時計、オーディオとか骨董とか。

オリエントの古い時計 グランプリ・オリエント・スペシャル 25石

オリエントは1901年創業の「吉田時計店」(下谷区上野元黒門町)をルーツにもちます。 吉田時計店は1920年、東洋時計製作所として置時計を製造、1934年には腕時計の製造を始めます。 戦後、多摩計器株式会社を経て、1951年(昭和26年)にオリエント時計株式…

リコーの古い時計 ② ダイナミック・ワイド 25石

あの時計に似ている 某王様時計、デイデイトのオマージュ。 王様時計よりもフルーテッドベゼルは細かく、控えめな印象です。フルーテッドベゼルというより、フジツボっぽい造形にも見えてきます。針はアルファハンドで上品です。 21石の自動巻き。型番:3080…

リコーの古い時計 ① ダイナミック・ワイド・デラックス 30石

緊急事態宣言下、外出もままならず腕時計をして外出する機会も減っているのですが、久しぶりにオクで古い機械式時計に手を出してしまいました。 リコーの機械式時計 RICOHは複写機やデジカメGRシリーズで有名ですが、かつては機械式時計も製造していました。…

チェロレッスン 9回目

ウルフトーンとはうまく付き合っていきましょう 9回目のチェロレッスン。 松ヤニ変えて、調整してもらったチェロの音、先生が聴いても響くようになったそうです。「今までは楽器から出る音が窮屈な感じだったけど、弦がちゃんと鳴って楽器が響いている」と…

古いセイコーの機械式時計 ② セイコーマチックP

第二精工舎(亀戸)製。33石。キャリバーは51系と呼ばれる5.5振動の自動巻機械。 33石とは高級品です。当時の定価が17,000円。昭和42年の大卒初任給が26,200円だそうですから、現在は15万円位の価値でしょうか。 薄型で精度も高く、仕上げも美しい。ハック付…

チェロ小物用のポーチ

ポーチおじさん 福山雅治がかつてFMで、 「自分の持ってるバックの中にポーチがどんどん増えて…気がつくとポーチが4つとかになってる。“ポーチおじさん”になってきちゃって」 と語っていて、それ以来、「ポーチおじさん」は福山雅治の名言だと勝手に思い込ん…

「寝床」の旦那

志ん朝の落語 落語が好きです。飛行機の機内チャンネルは必ず落語。 (ちなみに、機内チャンネルの番組名は、験を担ぐ意味で「”落”語」の文字はありません。JALは「JAL名人会」、ANAは「全日空寄席」) もう30年前の話ですが、中学二年の時、古今亭志ん朝の…

ゴムレスのウルフキラーを試す

チェロが良く鳴るようになった 前回レッスン後に先生に楽器の調整までしていただき、楽器自体も以前よりさらに“良く鳴る”ようになりました。 motoazabu-diary.com 具体的にはチェロを弾いていて、f字孔を通じてチェロの響きが前面へ出るのを体感できるよう…

”神”松ヤニが来た 〜レザーウッド・ビスポーク〜

”神”松ヤニが来た! 前回のチェロレッスンの時、先生から薦められた”神”松ヤニ、Leatherwood Bespoke Rosin 。注文していた物が早速届きました。 motoazabu-diary.com 手造りというだけあってなかなか高価な松ヤニです。これまで使っていたMELOSの値段の3倍…

SONY CF-2700D FM/AMステレオカセットレコーダー

ジャンク品を捕獲 何かしらの宣言が出ていたこの連休中、遠出もできないので市内のドフをあてもなく偵察していると、ジャンク品コーナーにSONYのカッコいいラジカセを発見しました。 テープデッキの操作レバー、トグルスイッチ、各種ボリュームノブが整然と…